Airbnb

Airbnb(エアビー)での部屋のキャンセル・返金方法まとめ。部屋の選び方も紹介【ホスト・ゲスト向け】

投稿日:

Airbnb(エアビー)での部屋のキャンセル・返金方法まとめ。部屋の選び方も紹介

「Airbnbでの部屋の選び方を知りたい。」

「Airbnbのホストを始めてから部屋のキャンセルで困りたくない。」

「ゲストに部屋をキャンセルされた場、返金はどうすればいいの?」

 

そのような悩みを解決するために、Airbnbでの部屋の選び方、キャンセル方法について調べて、まとめてみました。

 

ホストとゲストどちらでも分かるように、部屋のキャンセルされた場合の対応についてもホスト側・ゲスト側分けて紹介します

 

 

【ホスト・ゲスト向け】Airbnb(エアービーアンドビー)の部屋の選び方

Airbnb(エアビー)ホストの部屋の選び方

 

Airbnbでは以下の3つの部屋の種類があるのです。

  • まるまる貸切
  • 個室
  • シェアルーム

 

ホスト側、ゲスト側どちらからも、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

まるまる貸切

自分の家をゲストに向けて丸ごと提供するタイプです。

  メリット デメリット
ホストの場合 宿泊料金を高く設定できる 初期費用がかかる場合が多い
ゲストの場合 より深く現地の生活を体感できる、旅先でも自分だけのセカンドホームのように過ごせる 宿泊料金が高い

 

個室

家の中で空いている部屋をゲストに貸し出す場合に使うのが「個室」です。

  メリット デメリット
ホストの場合 良い評価を得やすい、プライバシーが守られる、自宅で運営する場合は初期費用がかからない 空いている部屋がないと難しい、貴重品管理が必要
ゲストの場合 プライバシーが守られる 少し宿泊料金が高い

 

シェアルーム

ホストとゲストがあらゆる生活空間をシェアするタイプです。

  メリット デメリット
ホストの場合 初期費用がかかりにくい、予約が来やすい 宿泊料金が安い、プライバシー・プライベートはない
ゲストの場合 宿泊料金が安い、コミュニケーションが取りやすい プライバシー・プライベートがない、貴重品の管理をする必要がある

 

→ 「Airbnb(エアービーアンドビー)ホストのページ」を見てみる

 

→ 「Airbnb(エアービーアンドビー)のゲストページ」を見てみる

 

 

Airbnb(エアービーアンドビー)部屋をキャンセルされた場合

Airbnbの部屋をキャンセルされた場合の方法を、ホスト向け・ゲスト向けのどちらの視点で紹介します。

  1. 【ホスト向け】ゲストにAirbnb(エアービーアンドビー)部屋をキャンセルされた場合
  2. 【ゲスト向け】ホストにAirbnb(エアービーアンドビー)で予約した部屋をキャンセルされた場合

 

1. 【ホスト向け】ゲストにAirbnb(エアービーアンドビー)部屋をキャンセルされた場合

ホストがゲストに部屋をキャンセルされた場合、ホストに通知が届きます。カレンダーの予約機能のブロックは解除されて、再び、予約受付が始まります。

 

ホスト側の受取金について

キャンセルされた後、受取金が発生する場合のみに送金処理がされます。処理のタイミングは、初めての方の場合だけ予約確定から30日後です。

 

また、予約ページにある「予約ステータス」がキャンセルに変っているときだけ、キャンセルされたのを意味します。

 

ゲストへの返金について

ホストがあらかじめ選択したキャンセルポリシーに従って、自動的に処理されます。ホスト側がキャンセルポリシーの規定額以上の返金を、ゲスト側にしたい場合は以下のページを確認してください。

 

→ 「ゲストに返金する方法は?」 (Airbnbヘルプ)

 

【ホスト向け】ゲストからの予約をキャンセルした場合のペナルティ

ホスト側がゲストの予約をキャンセルした場合、以下のペナルティが科されます。

  • キャンセル料
  • レビューの自動投稿
  • ゲストによるレビュー
  • カレンダーの日付がブロック
  • スーパーホストのステータス獲得権喪失
  • アカウント停止

 

キャンセル料

半年の期間内で1回目は免除されます。しかし、2回目以降はキャンセル料が発生し、受取金から差し引きが行われる仕組みです。

  • チェックイン7日前までに解約した場合→ 次回の受取金から50ドル引かれる
  • チェックイン7日前を切ってから解約した場合→ 次回の受取金から100ドル引かれる

 

レビューが自動投稿

チェックイン日より前に解約した場合、「予約がキャンセルされました」というレビューが自動的にプロフィールに掲載されてしまいます。

 

取消も不可になりますけど、キャンセル理由を説明する書き込みは可能です。

 

ゲストによるレビュー

チェックイン日以降に解約すると、ゲストにレビューを書く権利が与えられます。レビューはリスティングのプロフィールに掲載されます。

 

カレンダーで日付をブロックされる

解約をした期間はカレンダー上でブロックされたままになります。同じ日付で他の予約は受け付けられません。

 

スーパーホストのステータス獲得権喪失

解約後1年間は、スーパーホストのステータスの獲得ができません。

 

アカウント停止

1年に3回以上解約をすると、リスティングが無効化される場合があります。最悪の場合、アカウントは停止です。

 

2. 【ゲスト向け】ホストにAirbnb(エアービーアンドビー)で予約した部屋をキャンセルされた場合

次はゲスト側が予約した部屋を、ホスト側にキャンセルされた場合にどうなるのかを確認しておきます。

 

キャンセルされた場合、以下の2つの方法があります。

  • Airbnbの新規予約に支払ったお金を振り替える
  • ゲストはホストに全額返金を求める

 

Airbnbの新規予約に支払ったお金を振り替える

予約で支払ったお金は再予約のときにすぐに振り替えられます。代わりの宿泊先を探し、新規予約をリクエストするときに支払金が自動的に補充されるのです。

 

また、元予約よりも金額が高い場合は、Airbnbから補助金もプラスされます。

 

ゲストはホストに全額返金を求める

再予約を希望しない場合は、以下の手順で全額返金のリクエストが可能です。

  1. パソコンからAirbnbにログインする
  2. サイト上部の「旅行」をクリック
  3. キャンセルされた予約を探す
  4. 「返金をリクエスト」をクリック

 

 

まとめ

Airbnbのホスト側・ゲスト側のキャンセルに関する内容や、部屋の選び方を中心に紹介してきました。

 

Airbnbを使いたいゲストや始めたいホストの人たちは、キャンセルで困った場合に読んでおけばラクになるので、ぜひ、参考にしてください。

 

 

 

-Airbnb

Copyright© クーポントラベル.jp , 2018 AllRights Reserved.