レイルヨーロッパ

レイルヨーロッパの鉄道チケットの使い方と予約方法!支払い・予約確認・チケット受け取りまでの流れを徹底解説

投稿日:

レイルヨーロッパの予約方法まとめ

 

「レイルヨーロッパの鉄道チケットの使い方や予約方法は?」

「鉄道チケットの支払い方法とか、チケットの発券方法が知りたい!

「もしも列車に乗り遅れたり、遅延した場合の対処法は?」

 

このように、レイルヨーロッパの鉄道チケットに関する疑問を抱えているユーザーが多いです。この他にもたくさんの疑問があるので、レイルヨーロッパを安全に利用できるように、予約からチケットを発券するまでの流れを徹底的に解説していきます。

 

また、『予約・支払い・チケットの発券・当日に起こるかもしれないトラブルの対処法』も紹介していきます。

 

→ レイルヨーロッパの公式サイトを見てみる

 

 

レイルヨーロッパの鉄道チケットを予約する方法

レイルヨーロッパで鉄道のチケットを予約する場合は、まず公式サイトにアクセスしてください。

 

→ レイルヨーロッパの公式サイトにアクセスしてみる

 

公式サイトにアクセスすると、以下のようなページに遷移します。『出発地・目的地』、『往路・復路』、『人数』を入力して、最後に『検索』をクリックしてください。

レイルヨーロッパの予約

 

『検索』をクリックすると、以下のようなページに遷移します。検索条件に合う鉄道チケットが表示されるので、お好きなチケットをクリックしましょう。

レイルヨーロッパの鉄道チケット

 

好きな鉄道チケットを選択すると、以下のような画面に遷移します。詳細情報を確認し、『料金タイプを選択』をクリックしてください。

鉄道チケットの買い方

 

往路と復路の料金タイプを選択すると、以下のようなページに遷移します。旅行者情報を記入し、『カートに追加』をクリックしてください。

レイルヨーロッパの鉄道チケット

 

『カートに追加』をクリックすると、以下のような画面に遷移します。料金を確認したら、『お支払いへ進む』をクリックしましょう。

レイルヨーロッパで支払い

 

『お支払いへ進む』をクリックすると、以下のような画面に遷移します。住所などの情報を入力し、画面を下にスクロールして再び『お支払いへ進む』をクリックしてください。

レイルヨーロッパで予約する

 

すると、以下のような画面に遷移します。クレジットカード情報を入力し、『支払う』をクリックしましょう。

レイルヨーロッパの支払い方法

 

支払い後に『予約確認メール』が送られてくるので、出発前に必ず確認しておいてください。

 

→ レイルヨーロッパで鉄道チケットを予約してみる

 

レイルヨーロッパでは予約手数料はかかる?

レイルヨーロッパでは、一律『1,500円』の予約手数料がかかります。

 

ただし、これは1枚の料金ではなく、1度の予約でかかる料金です。複数枚同時に予約した場合も、予約手数料は1,500円となっています。

 

そのため、レイルヨーロッパで鉄道チケットを予約する際は、なるべくまとめて購入しましょう。

 

指定券は予約可能?

レイルヨーロッパでは、『指定券』を購入できます。

 

ほぼ全ての高速列車や国際列車、夜行列車の指定券は、利用日の60〜90日前から予約可能です。しかし、鉄道チケットの場合は、別途で指定券を購入する必要はありません。

 

なぜなら、フランスやイタリア、スペイン、イギリス、スウェーデンなどの人気観光地で運行されている鉄道は、チケットの料金に指定券が含まれているからです。

 

そのため、指定券を購入するのは『高速列車』、『国際列車』、『夜行列車』を利用するときだけとなります。

 

レイルヨーロッパの料金制度

レイルヨーロッパは座席のグレードなどによって、同じ列車でも料金が変わってきます。

 

以下の表に、レイルヨーロッパの『料金制度』をまとめてみました。

チケットの種類 特徴・備考
格安2等 もっともお得な料金で販売されているチケットです。通常、チケットの払い戻しなどは不可。
フレキシー2等 お得な料金で、利用条件も柔軟です。一部の列車では食事やドリンクが付いています。
格安1等 お得な料金で1等クラスの座席を利用できます。
フレキシー1等 1等という快適さに加え、利用条件も柔軟です。乗車前であれば、予約の変更や払い戻しができます。
ビジネスクラス 最高の鉄道旅が楽しめます。座席もゆったりしていて、足元にも余裕があります。乗車前ならば、予約の変更や払い戻しが可能です。
パスホルダー料金 パスホルダー料金は、国や乗車ルートによって異なります。
プレミアムクラス スムーズな鉄道旅を楽しめます。払い戻しはできませんが、予約の変更は可能です。
子供料金 レイルヨーロッパには子供料金があります。適応年齢は、国によって違うので注意しましょう。
シニア料金 60歳以上の方に適用されます。

 

このように、レイルヨーロッパでは、ニーズに合わせた料金制度を用意してあります。目的に応じたチケットで、鉄道旅行を楽しみましょう。

 

→ レイルヨーロッパで鉄道チケットを予約してみる

 

 

レイルヨーロッパの支払い方法

レイルヨーロッパの支払い方法は、基本的に『クレジットカード』のみです。

 

以下のクレジットカードを利用できます。

  • JCB
  • VISA
  • Master Card
  • AMEX(アメリカンエクスプレス)
  • Diners Club(ダイナース)
  • ディスカバーカード

 

また、一部『PayPal』での支払いが可能な鉄道チケットもあります。

 

 

レイルヨーロッパでは座席指定は可能?

レイルヨーロッパの座席指定券

 

レイルヨーロッパでは、『座席指定券』を販売しています。

 

座席指定券を購入しておけば、必ず列車の席が確保されます。しかし、ここでいう『座席指定』とは、細かく座席を指定できるわけではありません。

 

必ず席が予約されるだけなので、席の場所はチケットに明記されている場所です。

 

人気の観光地だと、席が取れないケースが頻繁に起こります。確実に座席を確保するために、座席指定券を予約しましょう。

 

レイルヨーロッパが座席指定券を推奨する「路線・列車』は、以下の通りです。

  • ユーロスター(ロンドンとパリ、ブリュッセルを結ぶ列車)
  • タリス(パリ、アムステルダム、ブリュッセルを結ぶ列車)
  • TGVリリア(フランスとスイスを結ぶ国際列車)
  • フランス-イタリアTGV(フランスとイタリアを結ぶ国際列車)
  • フランス-スペイン高速列車(フランスとスペインを結ぶ国際高速列車)
  • ICE国際線(ドイツと近隣国を結ぶ国際列車)
  • TGV国際線(フランス国内の高速列車と近隣国とを結ぶ国際列車)
  • アンテルシテ(フランス国内線の列車)

 

→ レイルヨーロッパで鉄道チケットを予約してみる

 

 

レイルヨーロッパで予約できない・買えない理由

レイルヨーロッパで鉄道チケットを予約できない・買えない理由は、以下の通りです。

  • クレジットカード情報が間違っている
  • 列車が満席
  • 往復チケットの時間帯がかぶる・不可能と判断された

 

支払いの際に入力するクレジットカード情報が間違っていたり、有効でないクレジットカードを利用すると予約できません。クレジットカードが有効かを確認して、入力ミスが無いように情報を入力しましょう。

 

また、予約したい列車が満席の場合は、予約できません。時間を早めたり、遅めたりして空きのある列車を探してください。

 

さらに、往路と復路の時間帯がかぶったり、時間的に不可能と判断されると鉄道チケットが予約できません。往復チケットを予約する場合は、時間に余裕を持って予約しましょう。

 

 

レイルヨーロッパでは何日前に予約すれば安い?

レイルヨーロッパで安く鉄道チケットを予約したいなら、『60日〜90日前まで』に予約しましょう。

 

鉄道も飛行機と一緒で、『早割』のように事前購入者向けに安い料金の座席を確保しています。早割のチケットが売り切れると、そこから値段は上昇していくため、なるべく早めに購入してください。

 

特に夏季、休暇シーズンは通常よりも早割チケットがすぐに売り切れてしまうため、注意が必要です。

 

→ レイルヨーロッパで鉄道チケットを予約してみる

 

 

レイルヨーロッパで予約を確認する方法

ここからは、レイルヨーロッパで予約を確認する方法を解説していきます。

 

鉄道チケットの予約を確認する場合は、まず公式サイトにアクセスしてください。

 

→ レイルヨーロッパの公式サイトにアクセスしてみる

 

公式サイトにアクセスしたら、以下のようなページに遷移します。会員登録の際に設定した『パスワード』と『メールアドレス』を入力して、『ログイン』しましょう。

レイルヨーロッパの予約確認

 

『ログイン』をクリックすると、以下のような画面に遷移します。画面右にある『予約内容』をクリックしてください。

レイルヨーロッパの確認

 

『予約内容』をクリックすると、以下のようなページに遷移します。予約がある場合は、こちらで確認しましょう。

レイルヨーロッパの予約内容

 

予約内容の他にも、マイページでは『保存した商品』を確認できます。保存すると、料金などを比較する際に便利です。

 

 

レイルヨーロッパのチケットを発券する方法

レイルヨーロッパでチケットを発券する方法は、以下の3つです。

  • eチケットを印刷する場合
  • チケットを郵送で受け取る場合
  • チケットを駅で発券する場合

 

eチケットを印刷する場合

日本でeチケットを印刷していく場合は、自宅で印刷していきましょう。

 

チケットの予約後に送られてくる『予約確認メール』に、PDFファイルが添付されています。それを印刷し、当日の乗車時に見せてください。

 

eチケットが印刷できない理由

自宅にプリンターが無いなどの理由でeチケットを印刷できない場合は、コンビニやインターネットカフェを利用してください。

 

ただし、15ユーロかかりますが、フランスの『Print-at-Home(eチケット)』と高速列車ユーロスターのeチケットは、自動発券機かユーロスターデスクにて発券可能です。

 

その他のeチケットは駅で発券できないため、必ずコンビニなどを利用して印刷してください。

 

チケットを郵送で受け取る場合

チケットによっては、『郵送』で受け取るものがあります。

 

郵送の場合は、待っていれば届くため特に心配することは無いです。ただし、住所を入力する際に間違ってしまうとチケットが届きません。

 

郵送で受け取る場合は、住所を正しく入力しましょう。

 

チケットを駅で発券する場合

駅でチケットを発券する場合は、6〜8桁の『eチケット予約確認番号』を自動発券機に入力してください。

 

eチケット予約確認番号は、予約後に送られてくるメールに記載してあります。

 

 

レイルヨーロッパで予約を変更する方法

レイルヨーロッパで予約を変更する方法は、『紙チケット』と『eチケット』の場合で若干異なります。

 

変更が認められた場合、『最大で7%の変更手数料』がかかる可能性があるので注意しましょう。

 

紙チケットを変更する場合

レイルヨーロッパの『紙チケット』変更する場合は、チケットを発券したオフィスに返送する必要があります。

 

その際は、変更の旨をレイルヨーロッパのカスタマーセンターに連絡してください。トップページ下部にある『お問い合わせ』から連絡可能です。

レイルヨーロッパの予約変更

 

すると、以下のような画面に遷移します。『すでに予約済みです』にチェックを入れ、『メッセージを送信』を選択しましょう。

レイルヨーロッパでチケットを変更する

 

メッセージを送信したら、返送方法などの手続きの説明についての返事が返ってきます。

 

eチケットを変更する場合

レイルヨーロッパの『eチケット』を変更する場合は、最低でも乗車日の3日前までにレイルヨーロッパに連絡してください。

 

紙チケットのときと同様に、『お問い合わせ』から連絡できます。

 

もしくは、マイページの『Exchanges & Refunds』から変更可能です。

チケットの変更

 

『Exchanges & Refunds』をクリックすると、以下のようなページに遷移します。商品を注文した場合は、『注文』の箇所で予約した商品を選択できます。

 

変更したいチケットを選択し、『チェック』をクリックしましょう。

レイルヨーロッパで予約変更

 

『チェック』をクリックすると、変更手続きを進められます。

 

 

レイルヨーロッパの予約をキャンセルする方法

レイルヨーロッパで予約をキャンセルする場合は、『紙チケット』と『eチケット』の場合で方法が異なります。

 

キャンセルが認められた場合、『最大で7%のキャンセル手数料』がかかる可能性があるので注意しましょう。

 

紙チケットの予約をキャンセルする場合

紙チケットの予約をキャンセルする手順は、以下の通りです。

  1. 『払い戻しの簡易確認ページ』でキャンセル可能かを確認する
  2. キャンセル可能ならばチケットを予約したオフィスに返送する

 

すでに現地にいて、予約したチケットをキャンセルする場合は、駅の窓口でチケットに『Not Used』のスタンプを貰ってください。そのチケットを、予約したオフィスに返送しましょう。

 

eチケットの予約をキャンセルする場合

eチケットの予約をキャンセルする場合は、オンラインで手続きできます。

 

『キャンセル手続きのお問い合わせページ』にアクセスし、メッセージを送りましょう。

レイルヨーロッパのキャンセル

 

オンラインで手続きをする場合は、『予約番号』が必須なので必ず控えておきましょう。

 

レイルヨーロッパの予約をキャンセルできない理由

レイルヨーロッパの鉄道チケットは変更・キャンセルできます。しかし、以下のチケットの場合は、変更もキャンセルもできないので注意しましょう。

  • ノン・フレキシブルのチケット
  • 座席指定券

 

ノン・フレキシブルのチケットは、通常最も料金が安いチケットです。

 

そのため、

変更やキャンセルを絶対にしないならば、『ノン・フレキシブルのチケット』

変更やキャンセルの可能性があるなら『フレキスブルのチケット』

を予約しましょう。

 

→ レイルヨーロッパで鉄道チケットを予約してみる

 

 

レイルヨーロッパで予約した列車が遅延した場合

オープンチケットの場合は、当初予定していた区間を走る別の列車に乗車可能です。

 

しかし、座席指定券しか持っていない場合、その列車が到着するまで待つ必要があります。

 

列車の遅延が理由で乗り継ぎができなくなった場合は、払い戻しが可能です。車掌または窓口から『キャンセル証明証』を貰い、帰国後30日以内に 『レイルヨーロッパの払い戻し申請ページ』から払い戻し申請をしましょう。

 

以下の、最低乗り継ぎ時間が守られていない場合は払い戻し不可なので、注意してください。

  • 同じ鉄道駅にて列車の乗り継ぎをする場合、乗り継ぎ時間は最低20分必要
  • 異なる鉄道駅にて列車の乗り継ぎをする場合、乗り継ぎ時間は最低1時間必要

 

払い戻しをする際は、『キャンセル証明証』の他に『所有しているチケット』、『新たに購入したチケット』、『その時の状況を簡単に説明する文書』が必要です。

 

 

レイルヨーロッパで予約した列車に乗り遅れた場合

予約した列車に乗り遅れた場合は、所持しているチケットによって対応が変わってきます。

 

オープンチケット(区間乗車券)を持っている場合

オープンチケットを持っている場合は、チケットに記載されている区間を走る後続の列車に乗車できます。

 

座席指定が必要の車両もあるので、必ず『座席指定が必要の無い車両』に乗車してください。

 

オープンチケットと座席指定券を持っている場合

オープンチケットと座席指定券の両方を持っている場合は、座席指定券を放棄し、後続の『座席指定が必要ない車両』に乗車しましょう。

 

乗車できるのは、オープンチケットに記載されている区間のみです。

 

座席指定券を持っている場合

座席指定券を持っている場合は、後続の列車に乗れません。

 

新たに後続の列車のチケットを購入する必要があります。

 

まとめ

レイルヨーロッパで鉄道チケットを予約し、実際に搭乗するまでの流れを一通り紹介してきました。

 

サイト経由で予約すれば、確実に鉄道チケットが手に入ります。現地で購入する自信が無い方は、レイルヨーロッパで事前に予約しましょう。

 

列車が遅延したり乗り遅れてしまった場合でも、しっかりと対処していけば余計な時間とお金はかかりません。紹介した対処法、注意事項にを参考にしてください。

 

レイルヨーロッパで予約した鉄道の旅は、海外旅行をより充実させるはずです。レイルヨーロッパで鉄道のチケットを予約したい方は、ぜひ使ってください。

 

-レイルヨーロッパ

Copyright© クーポントラベル.jp , 2019 AllRights Reserved.