ブッキングドットコム(Booking.com)

ブッキングドットコムで現地払い!ホテルの探し方・予約方法・キャンセル方法(クレジットカードなしでも予約可能)

更新日:

ブッキングドットコム現地払い

ブッキングドットコムでは現地払いが可能です。クレジットカードもしくは現地通貨での支払いができます。

 

しかし、ホテル予約のときにはクレジットカードが基本的には必要となります。(クレジットカード不要のホテルもある。)

 

ここでは、ブッキングドットコムの現地払いができるホテルの探し方やホテル予約の方法、キャンセル方法、クレジットカードがいらないホテルの予約方法も紹介します。

 

→ ブッキングドットコムの公式サイトはこちら

 

現地払いのメリットとデメリット

まず、一般的に現地払いのメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット

  • 二重請求の心配がない
  • 現金での支払いができる
  • 現地の為替変動に強いときがある

 

現地払いのメリットでは、直接、現地で支払い手続きをするので予約サイトの不具合による二重請求の心配がありません。サーバーエラーでもう一度支払うようになり、結果的に同じ請求が2回来るという面倒な場合を避けられます。

 

また、現金での支払いができるのも良い点です。クレジットカードを持ち歩きたくない人や、たまたまそのときにクレジットカードがない場合などには役立ちます。

 

さらに、現地の為替変動に強いのもメリットといえます。現地通貨が円よりも安い場合には、クレジットカードなどで精算するよりも現地払いのほうが安くなるためおすすめです。

 

デメリット

  • 大金を持っていかなければいけない
  • 全てのホテルに対応していない
  • 現地の為替変動に弱いときがある

 

現地払いだと、現地で大金を持ち歩かなかればいけない危険性があります。現金を持っていくのは良いものの、盗難・スリ・置き引きなどのリスクを考えるとおすすめはしません。

 

それから、全てのホテルが現地払いに対応しているわけではない、というのも考えておくべき点です。良いホテルを見つけても前払い(=クレジットカードで事前支払い)しか対応していない場合は、ホテル予約を諦めるしかありません。

 

また、現地の為替変動に弱いときがあります。先述では為替変動に強い場合もあると書きました。しかし、逆に円が現地通貨より安ければ、円のままでホテル予約をしたほうがお得です。

 

ですから、メリット・デメリットを含めて、現地払いは一長一短があるというのを理解しておいてください。

 

 

ブッキングドットコムで現地払いができるホテルの見つけ方

ブッキングドットコムで現地払いができるホテルの見つけ方を以下から紹介します。

 

まず、ブッキングドットコムのトップページにある検索欄で、「行き先」「チェックイン日・チェックアウト日」「宿泊目的」「人数」を入力します。

 

→ ブッキングドットコムの公式サイトを見てみる

 

全てを入力したらそのまま「検索」をクリックしてください。

ブッキングドットコムで現地払いのホテルを検索

 

すると、ホテル一覧ページで以下の画像のように、2種類の違いのあるホテルが出てきます。

 

  • 値段の近くに「前払い不要」の記載がある場合は「現地払いが可能」なホテル
  • 値段の近くに「何も書かれていない」場合は「現地払いができない」ホテル

 

という見分けが付けられます。

ブッキングドットコムで現地払いのホテルを見つける方法

 

もしくは、ホテル一覧画面の横にあるサイドバーに「前払い不要」のチェックボタンがあるので、そこにチェックを入れると自動的に前払い不要に対応するホテルだけが表示されます。

ブッキングドットコムのホテル一覧のサイドバーで前払い指定

 

ホテルの部屋を選ぶときにも注意してください。確認事項欄に「滞在時に宿泊施設へお支払いください - 前払い不要」と書かれている項目がある部屋のみが、現地払いができる部屋となります。

ブッキングドットコムのホテルで前払い可能なホテル

 

 

現地払いができるホテルの予約方法

現地払いができるホテルと部屋を選んだら、以下からは予約方法を紹介します。

 

現地払いができる対象ホテルの情報入力画面の上部に、「本日のお支払い分はありません。お支払いは現地で。」が書かれているかを確認してください。つまり「当日、現地で支払ってください」という意味になります。

ブッキングドットコムのホテルの決済画面で確認

 

また、料金内訳欄でも「本日決済分 ¥0」と表示されていれば、現地払いとなります。あとは全ての手続きを終えて予約を完了すれば、現地払いのホテル予約は終了です。

ブッキングドットコムのホテル予約確認画面

 

早速、参考にブッキングドットコムで現地払いできるホテルを予約してみてください。

 

→ ブッキングドットコムの公式サイトを見てみる

 

(補足1)事前払いのときの決済画面

一方の事前払い(=クレジットカードで事前に支払う)場合の決済画面を紹介します。

 

ホテルの部屋を選ぶとき「確認事項」欄に特に何も書かれていないなら、事前払い対象の部屋となります。

ブッキングドットコムで現地払いの場合の目印なし

 

情報入力画面で現地払いに関する情報の記載がない場合は、事前払い対象のホテルとなります。ですので、どのような記載がされているのか、きちんと確認してホテル予約すると失敗はありません。

ブッキングドットコムは現地払いに関する記載はなし

 

 

(補足2)現地払いの場合クレジットカードが基本的には必要

現地支払いの場合、クレジットカードの利用が基本的には必要となります。 なぜなら、クレジットカードの情報を事前に入力しなければならないからです。

 

(クレジットカードなしで現地払いのホテルを予約する方法は、後述します。)

 

クレジットカード情報が無ければ、ホテル予約をした人の情報の照合をホテル側ができないだけでなく、何かあったときの連絡先としても必要となります。

 

ブッキングドットコムのカスタマーサービスでも以下のような記載がありました。

ブッキングドットコムの問い合わせ欄

 

ただし、一部のホテルのみクレジットカード情報がなくても予約可能なホテルがあります。

 

 

クレジットカードなしでも予約できるホテルもある

多くはクレジットカードが無ければホテル予約ができません。しかし、ブッキングドットコムでは、クレジットカードなしでも予約ができるホテルもあるのです。

 

以下からホテルの探し方や予約方法を紹介します。

 

まず、行きたい場所のホテルを通常通りに検索します。このとき、クレジットカード不要のホテルが出やすいのは、2カ月以上先のホテルか直前日のホテルです。2週間後や4週間後先のホテル予約では、あまりクレジットカード不要のホテルは出てきません。

 

ホテル一覧画面のサイドバーに「クレジットカード不要の予約」があります。チェックを入れるとクレジットカード不要のホテルだけが表示されます。

ブッキングドットコムでクレジットカードなしで予約

 

以下の画像のように「クレジットカードなしで予約可能」とあります。これが表示されているホテルを選んでください。

ブッキングドットコムでクレジットカードなしで予約できるホテル

 

その後、ホテルの部屋選びでも、以下の画像のように「クレジットカード不要!」と表記されているのを確認ができます。

ブッキングドットコムでクレジットカード無しでも予約できるホテルの部屋

 

以下の画像は決済画面です。左端上部に「クレジットカード不要!」の表記があります。また、クレジットカードがいらないのでカード情報を入力する必要がありません。自分の連絡先と住所を入力するだけでOKです。あとは、そのままホテル予約を完了させてください。

ブッキングドットコムでクレジットカードなしでもホテル予約は可能

 

実際に予約するときはこちらから。

 

→ ブッキングドットコムでクレジットカードなしで現地払いできるホテルを予約してみる

 

 

ブッキングドットコムで現地払いのホテルをキャンセルする方法

現地払いを選んだホテルをキャンセルする場合は、そのホテル自体が「キャンセル無料のホテル」であるかどうかが重要です。

 

キャンセル無料となる期日までに、「マイブッキング」の予約済ホテル一覧のページで該当ホテルの「キャンセル」ボタンをクリックすればキャンセルは完了します。

 

→ マイ・ブッキングページ

 

逆にキャンセル無料のホテルではない「キャンセル料金がかかるホテル」は損をします。 現地払いできるホテルの大半が「キャンセル無料のホテル」であるものの、ごくたまにキャンセル料金がかかるホテルもあるので、よく確認してください。

 

 

まとめ

ブッキングドットコムを使って現地払いでホテル予約をする場合は、以下の2点が大切です。

 

  • 現地払いのメリット・デメリットを考えること
  • ホテルの詳細ページなど「現地払い」の記載を確認しておくこと

 

これらをしっかり確認しておけば、現地払いも損がなくホテル予約ができます。

 

また、クレジットカードなしで予約できるホテルも出てきて自由度が広がったので、あなたの用途に合わせた現地払いの方法でブッキングドットコムでホテル予約をしてください。

-ブッキングドットコム(Booking.com)

Copyright© クーポントラベル.jp , 2018 AllRights Reserved.